坐骨神経痛

こんなお悩みはありませんか?

  • 足の痺れがもう1ヶ月以上続いていが痛み止めでしのいでいる
  • 医者からは手術を勧められたが、できたらしたくない
  • 痛みやしびれ以外に、チリチリした感じや冷感、だるさを感じる
  • 足裏に正座の後のようなジリジリ感がある
  • たくさん歩いたり、座っていると、お尻から足がしびれてくる
  • 一生この坐骨神経痛と付き合っていくしかないと諦めかけている

もう大丈夫ですよ。
香ケ丘整体院におまかせください!

坐骨神経痛が治らない理由:その1

坐骨神経痛は、病院や整形外科で扱うことが多い症状の一つです。
しかし、多くの医療機関では、この坐骨神経痛を間違った概念で治療しているため思うような効果が出ていません。なぜ、効果が出ていないかといえば、「神経が圧迫されて傷んでいる」という発想をもとにした治療が行われているからです。この発想があるからこそ「神経痛」という名が付いているのですが、本当に神経が傷ついているわけではありません。

もし、神経が本当に圧迫を受けているのだとしたら痛みではなく麻痺が起こるはずです。そして、それに伴って筋肉の萎縮が見られてくるようになります。

しかし、こうした現象が見られることはほとんどありません。 ちょっと、専門的な話になりますが、神経痛というのは本来神経障害性疼痛といってめまり多くみられない特殊な痛みに分類されます。しかし、一般的に患者さんが悩まされている痛みは侵害受容性疼痛という痛みに分類されるものです。

神経障害性疼痛とは、神経自体の障害によって感じる痛み
侵害受容性疼痛とは、神経以外の障害によって感じる痛み

この両者は治療法も異なります。
つまり、坐骨神経痛と言っても、本物の神経痛ではないのです。坐骨神経は、お尻や太もものコリを痛みという信号で感知しているだけで、神経そのものが痛い訳ではありません。この、とらえ方の違いが治療結果を大きく左右させるのです。
ですから、本当は坐骨神経痛という名称ではなく、坐骨周囲痛や大腿後部痛、殿部痛と名付けるべきでしょう。
また、坐骨「神経痛」という名称だからこそ筋肉を治療するという発想がなく、肝心な「コリ」はそのまま放置されているわけです。筋肉のコリが原因なのに、そのコリの治療をしていないわけですから、どんな治療を施したところで痛みは治らないのです。

坐骨神経痛が治らない理由:その2

当院では、筋肉に痛みの原因があるとしていますが従来通りの説明が正しいと仮定してみましょう。では、その傷ついた神経を助ける治療が今の医療で行われているのでしょうか?

「答えはNOです。」

神経の回復を助ける治療は行われず、まず、痛み止め(鎮痛薬)ではありませんか?痛み止めは痛みの原因を治す治療ではありません。薬の効果がなくなれば、また痛みが出るのは当然の成り行きです。
ブロック注射もアプローチ方法が違うだけで本質は同じです。

神経が障害を受けていると診断を下すのであれば、なぜその障害を取り除くことが第一に行なわれないのでしょうか? このように、考え方もさることながら治療法にも一貫性が無いのです。

補足:神経が圧迫されることによっておこる障害は絞扼性神経障害(神経障害性疼痛)に分類されます。

しかし、どの文献を読んでも坐骨神経痛は絞扼性神経障害に分類されていません。よって、坐骨神経痛は神経痛ではないというのが私の考えです。

ではなぜ、このような診断や治療が毎日当たり前のように行われているのか
不思議に思いませんか? 実は、私も含めて坐骨神経痛の概念をそのように教わってきたからです。
人間は、一度教わったことを正しいものとしてインプットしてしまうと中々そこから抜け出せなくなってしまうのです。たとえそれがおかしいと気付いたとしても・・・。
いや、坐骨神経痛の場合はほとんど気づいていないのが現実ですが。

次のような場合は坐骨神経痛の可能性があります

・太ももの痛み
・腰、お尻、下肢(太もも、ふくらはぎ、すね、足部)に痛みやしびれがある
・「足の付け根」、「尾骨(尾てい骨)周辺」、「お尻の中」としか言いようがない部分に痛みやしびれがある
・腰痛があり、同じ部分にしびれや違和感がある
・腰痛がありながら、腰の痛みとは離れた部分にしびれや違和感がある
・足を動かしたり、前屈や後ろぞり、ひねり動作をすると痛みやしびれが強くなる。場合によってはカラダを動かしたり歩くことも困難になる
・臀部から足にかけて痛みやしびれがある。
・足に力が入りにくくなる
・痛みやしびれ、麻痺、違和感のせいで座ったりしゃがむことがつらくなったり、排尿・排便に支障を来している
・腰やお尻、下肢を触ると感覚がおかしい
・腰が抜けるような痛み。
・お尻の筋肉が冷え固まっている感じがする
・痛みをラクにするために歩き方がおかしくなっている

このような症状を感じた方は、整形外科を受診してください。特に痛みやしびれがひどい方や、両足に感じる方は早めに行かれることを強くおすすめします。

病院ではレントゲンやMRI、CT撮影の他に、触診や「ラセーグテスト」「SLRテスト」と呼ばれるものでチェックします。一番大事なのは、坐骨神経痛を引き起こしている原因なのです。それを解決しない限り、根本的な改善にはならないでしょう。

当院ではあなたに合った最適な施術を行います

私たちはしっかりと坐骨神経痛の原因を突き止め、最短最速で改善できる施術を提供します。坐骨神経痛による痛み、しびれの原因となる体の奥深くにある筋肉のハリ・コリ、血流、循環不全、身体のゆがみをすばやく”改善することであなたの体が本来持つ治癒力を引き出します。

私たちが実際に日々、坐骨神経痛の施術をしている中で、インナーマッスルマッサージで腰の奥の筋肉をゆるめたら痛みが解消された。
整体をして血液循環がよくなったら足のだるさが改善された。骨盤まわりの筋肉をゆるめて骨盤調整したらしびれがとれた。など、数々の改善例をみています。

本来、あなたの体にも備わっているはずの自然治癒力ですが、体のバランスを崩してしまうとその力は正しく働かなくなります。

適切な施術を受けて眠っていた自然治癒力が十分に働き始めると、あなたの体には必ずよい変化がおこります。
そのために必要なのは痛いところに電気を流すことでも、シップを貼ることでも、体をバキボキ矯正することでもないのです。
あなたの腰の痛みを解消するには、からだの奥の筋肉をゆるめるべきかもしれません。
あなたの足のだるさを解消するには、血流をもっとよくする治療をするべきかもしれません。
あなたのしびれを解消するには、骨盤を調整するべきかもしれません。

ご予約について

9月12日までに
\ご予約の方に限り/

木村式
整体コース

 

初回 60分
(カウンセリング・検査+施術)

2回目(施術)

セットで 2,980円
(通常6,000円×2回=12,000円)

予約多数のため先着10名様のみ
→あと3名

 

かんたん電話予約
LINE予約受付中

アクセスガイド

駐車場 関西アーバン銀行浅香山プラザ横のコインパーキングをご利用ください。